ご存知ですか?2020年7月1日よりレジ袋有料化!7月以降も無料で配れるレジ袋 バイオレジ袋のご提案

 

2020年7月1日以降は患者さんに

無料でお渡ししていたレジ袋を

有料で販売しなければなりません

経済産業省HP

 

 

 

【消耗品コム】で今まで取り扱っていたレジ袋 1枚1.8円(Mサイズ)

 

無題

→ バイオレジ袋 2.15円(Mサイズ)


L

 

1枚当たり0.35円で患者様の負担は無くなり、

薬局で行う手間も減らせます。

 

 

 

 

 2020年7月1日から開始です

ご準備されてますでしょうか?

 

 

 

 

小カテゴリ

 

 

これまで「消耗品コム」で取り扱ってきた、上記の「ESハッピーバック」も

有料義務化の対象となり、販売するためには患者様にその旨を

告知しなければなりません。もちろんレジ袋料金は患者様負担

 

 

 

 

 

 

「ただでさえ忙しいのに

そこに手間をかけるのはちょっと・・・。」

 

 

 

 

 

 

という皆様に朗報! 

 

 

 

 

今回販売開始する「バイオレジ袋」

 

従来通り患者様に無料で配布する事が

 

可能なんです

 

 

 

M

 

 

 

モイネットは環境にも優しい

 

バイオレジ袋をお勧めします。

 

 

 

 

 

レジ袋有料義務化のまとめ

 

〇2020年7月1日から開始

〇すべての小売店が対象

〇持ち手のついたプラスチック製の買い物袋が対象

〇植物由来、海洋生分解性、袋の厚みが0.05㎜以上のものは対象外

〇袋の販売価格は事業者が設定する

 

 

有料化対象外の袋

 

①植物由来のバイオマスプラスチックの配合率が25%以上の袋

 プラスチックの重量に占めるバイオマスの重量の割合が25%以上であり、その旨が表示されているもの。

②海中で完全分解される海洋生分解性のもの

 海洋で微生物によって分解が促進するプラスチックの重量の割合が100%であり、

 その旨が表示されているもの。

③袋の厚みが0.05㎜以上のもの

 厚さが50マイクロメートル以上であり、その旨が表示されているもの。

④紙袋等のプラスチック以外の買い物袋

 プラスチック製以外の袋、持ち手の無い袋など

①~④のいずれかに該当するものに関しては従来通り無料で配布することができます。

 

 

※このページは2020年3月26日現在、当社が環境省・経済産業省の情報を元にまとめた内容です。
 法案の開始まで内容は随時変更される可能性があります。
 最新情報については環境省・経済産業省ホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。

   経済産業省・環境省HP

プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン

 

 

 

消耗品コムへのアクセスは下記の画像をクリックしてください

 

ALL