うどん県で安価で高機能な調剤薬局用レセコンデモ

神戸に帰る高速バスを19:30出発便で手配したものの。17時には仕事が終わって高松駅で足止めになっているナカノです。
みなさんこんにちは。

JRの切符は結構変更が利くんですが、高速バスは予約サイト経由だったりすると変更がなかなか難しい…。
まだまだ出張術を極めるには道が長いようです。


さて、昨晩高松入りし、本日は高松市周辺をブラブラしておりました。

いやいや!ちゃんと仕事はしてますよ!
高松市内の薬局さんからデモのご依頼をいただいたので頑張ってPRしてきました。
他にも高松市内のファーミーユーザーさんに挨拶に顔出したり、飛び込み営業したり・・・

今から食レポとか書きますが、決して食べ物や遊びを満喫していただけではないので誤解の無いようお願いいたします。m(_”_)m

 


午前中にファーミーユーザーさんに挨拶し終えて、デモ前にやはり腹ごしらえが必要です!
腹が減っては何とやら…

出雲のそばの次は、やはり香川県ですので…そう!うどんですね♪

 

わら家

今回は以前淡路島の薬剤師の先生に教えていただいた、「わら家」さんにお邪魔しました!

 

わら家メニュー
店の表にはメニューが展示されていました。
かなり肉ぶっかけに気持ちが傾いたのですが、やはりここはうどん本来の味を確認すべく、ざるうどん(大)をオーダー。

 

ざるうどん(大)
運ばれてきたうどんは本当に艶やかで、惚れ惚れするような瑞々しさでした。
(大)を頼んだからなのか、つけ汁が2つありました。
まず1つに薬味の生姜とネギをこれでもか!というくらい投入し一口。

 


「うまい」

 

 

コシも歯ごたえも申し分ありません!
つけ汁はイリコとカツオがメインかな?かなりカツオの風味が強くでているお出汁でした。
何口か箸を進めると次第に顎が疲れてくるほどに強いコシです。

 

ナカノ、ここでふと思いつきます。

 

このカツオ風味がしっかり利いた出汁にうどんを1本だけ浸けて、それこそのど越しを味わうため飲む様に食べると美味しいのではないだろうか…?

薬味をまだ投入していないもう1つの出汁にうどんを浸け、2~3噛み程度で喉に流し込んだところ…

 

 

 

 

 

 

 

 

「うまい」

 

 

表現が乏しくて申し訳ない。
しかし、これが本来の讃岐うどんの食べ方ではないだろうか?というほど、出汁とうどんの触感が楽しめる食べ方でした。
今度からこの食べ方にしよう!

 

 

食事を終え、デモを終え、家路へと向かいたいところなのですが、実はナカノには高松でもう一つ重大なミッションがありました。
それがこれ!

草餅

某所にある手作り草餅です。
以前、地元の薬剤師さんにこっそり教えていただいた絶品餅です。
その際に家にお土産で持って帰ったところ、ナカノの奥様も絶賛。
もう他の草餅は食べられないとまで申しておりました。(大げさ)

 

先生にこっそり教えていただいたお店なので屋号やお店の場所は伏せさせていただきます。
(実はかなり有名らしいので、知ってる方もいらっしゃると思いますが)

 

そういうわけで、草餅の情報が欲しい方は下の「問い合わせ」からナカノ宛てにご連絡ください!

漏れなく、調剤レセコン・ファーミーのデモと引き換えに情報をお届けさせていただきます(笑)