知ってますか?インク、トナーの互換やリサイクルの違い

本日は、消耗品コムよりご案内です。

2020年9月より、一部のプリンタメーカーの機種においてリパックトナーの取り扱いを開始いたしました。

 

category_73(リパック)

 

で、このリパックトナーという物なんですが、正直私も消耗品コムの担当になるまでは詳しく調べたことがなく、ざっくり「純正品」と「それ以外の安いやつ」くらいに考えておりました…。

しかしこれが意外にも奥が深く、モノによってプリンタの故障率が変わったり、印刷の品質が変わったりするんですね。

今回はこのあたりの違いについて掘り下げてみたいと思います。

まず一般的にネット上でインクやトナー関連で見かける言葉として「純正」「リパック」「リサイクル」「再生」「互換」といったものがあります。

この「純正」を除いたものについては、販売者や製造者によって定義が異なるので、100%以下に記載する内容ではない場合もありますが、概ね「リパック」「リサイクル」「再生」は同等のモノで、「互換」が少し違ったものになる場合が多いようです。

それぞれの違いをまとめてみました。

 

|純正インク

言わずと知れた、プリンタ本体を作ったメーカーが販売している、これを使っとけば間違いなし!という逸品です。デメリットとしては…やはりお値段ですかね。

では他のモノと何がどう違うか…?まずインクやトナーという商品について考える必要があります。

お手元に届いた商品には大きく分けて2つの構成品があるんですね。

①インクやトナーが入った器

②インクやトナーそのもの

純正はこの①②ともにプリンタ本体を作ったメーカーが製造しているということになります。

 

|リパック、リサイクル、再生

では他のモノはどうなのか?まずリパック等について考えますと…

リパック=再包装、再充填

リサイクル=再利用、再生

ですよね。

つまり、リパック等は皆様が一度純正品を使い空になった「①インクやトナーが入った器」を再利用して、インクやトナーを再充填して販売しているんですね。

 

ここで大事なのは、「再充填する技術・設備」と「再充填されるインクやトナーの品質」です。

インクやトナーの成分・配合割合は公開されていないので、各リパックメーカーさんは独自に分析してメーカーに近いものを詰めてきます。

が、これが純正とかけ離れていたり、コスト重視で品質を落としていたりすると、印刷品質が悪くなったり、目詰まりが起こりやすくなります。

また再充填の技術が低いリパックメーカーだと、リパック品を利用中に液漏れが発生したりします。

 

なので技術、品質の高いリパックメーカーのモノであれば、ある程度安心してご利用いただけるモノが多い、ということになりますね。

デメリットとしては、プリンタメーカーの純正の器で皆様が使い切ったものが回収されないとリパック品を作ることができないという点です。

なのでプリンタそのものが新製品の場合や、不人気機種(市場に台数が出回ってないプリンタ)などはリパック品の在庫が少ないことが多いようです。

 

|互換

互換品…これは冒頭申し上げた通り製造者によって定義の違いがありますが(一部では互換=リサイクルとして取り扱われる場合もあります)、

①の器をメーカーの純正品そっくりに作る

②インクやトナーを①のそっくりな器に詰める

というモノが多いようです。

なので、器を作る段階で金型の精度が低かったりすると、とりあえずプリンタには取り付けできたけど、後から液漏れしてきた・・・なんてことが起こりかねません。中にはトナー容器に関する特許侵害で違法なものや、プリンタが故障するなんてケースも…(当然精度の高いメーカーさんもあります)

メリットは純正品の器を回収しなくても、器ごとバンバン作れちゃうので在庫が潤沢になるという点でしょうか。

 

 

さて、今回消耗品コムでは上記を踏まえてできるだけお客様の業務に影響が出ないよう、従来の純正インクに加えて信頼性の高いメーカー様のリパックトナー、リサイクルトナーをラインナップに加えました

まずは各プリンターメーカーの販売実績の多いプリンターを中心にアイテム登録をしております。

登録の無いプリンターで取り扱いがあれば購入する!というものがありましたら「お問い合わせ」ページよりご意見いただけますと幸いです。

 

今後とも消耗品コムをよろしくお願いいたします。

 

<各プリンターメーカー用リパックトナー>

エプソン用 リパックトナー

リコー用 リパックトナー

ブラザー用 リパックトナー

OKI用 リパックトナー

富士通用 リパックトナー

NEC用 リパックトナー

キヤノン用 リパックトナー

京セラ用 リパックトナー

side-banner01