おでかけファーミー

いろんなシーンで活用できる「おでかけファーミー」

ファーミーに、かかりつけ薬剤師の算定要件である「24時間相談に応じる体制」に最適のソフトができました。
縦長のタブレットPCの画面を最大限に活かしたコンパクトで高機能なファーミー端末です。
薬局待合室で、調剤室で、また、介護訪問先や自宅で場所を選ばず使用できます。
デスクトップPCに比べて小さな画面でも見易い表示と画面遷移、簡易な入力方法等様々な工夫がなされているので、タブレットPCでも快適操作が可能です。

薬局内の待合席では患者さんのそばで

薬局内では「ファーミー」と連携し、待合席でも患者様のそばに「ファーミー」があるかのように調剤・薬剤情報を閲覧・確認ができます。

患者様にお願いする初回アンケートをタブレットPCを使って入力して頂く事ができます。入力された内容は薬歴への反映やプリントアウトが可能です。
また、患者様に薬の使用方法等の動画を見せる機能もあり、これまで以上のサービスを患者様に提供できます。


自宅や外出先でも、調剤情報や患者介護情報等が閲覧可能

odekake3


「おでかけモード」にすれば外出先でも、「薬局内ファーミー」のデータが閲覧ができます。また、外出先で入力したデータは持ち帰ってから「薬局内ファーミー」のデータに転送できます。

 

介護の情報も見る事ができます

odekake4

調剤室では調剤薬剤を撮って保管

調剤した薬剤をタブレットに内蔵されたカメラで撮影し、簡単に患者処方に貼付できるので、調剤の監査・確認に利用できます。
まさに、タブレットPCならではの使い方です。

odekake05

おでかけファーミー が「24時間相談に応じる体制」に最適な理由

    • もらった薬が処方と違うみたいだけど? → 処方箋画像の処方箋で確認できます。
    • ○○の薬は頂いたっけ? → 調剤画像で調剤した事が確認できます。



       

      2016年7月29日 「おでかけファーミー」が薬事日報にて紹介されました。

      紹介記事では弊社ユーザのアオバ薬局様で「薬局業務の効率化と質的向上を目指して」
      おでかけファーミーを導入いただいた事例が紹介されています。
      アオバ薬局様、取材ご協力ありがとうございました。

      薬事日報記事はコチラ

 

snav5